関東道の駅スタンプラリー

旅の2日目は土砂降りの雨で幕開け。梅雨時だから、雨はしゃーないわな。
でも今日の運勢(おひつじ座)はイイみたいだぞ。

寝起きの朝風呂は昨日入らなかった『本館』にある『混浴岩風呂』
名前の通り大きな岩を配した湯船が1つあって7~8人入れる広さ。
洗い場は1つしか無い。ここもレトロな造りだが、湯はもちろん掛け流し。
少し熱めの湯で顔を洗うと目がシャキッとする。
ちなみに混浴だが、女性や男性専用時間が設定されている。

朝食は大広間で名物の温泉粥。四万温泉の源泉で作ったおかゆで
実に優しい味わい。塩加減で絶妙でイイね。お代り自由も有難い。

9時過ぎに宿を出た後は20分ほど走った所にある道の駅『霊山たけやま』へ。
駅舎の背後には駅名の由来となってる奇岩が連なる標高789mの嵩山(たけやま)
が聳えますが、あいにくの天気で半分から上は雲で見えず。

駅には小ぢんまりとした直売所と蕎麦屋があって、
ここで今日から始まった『関東道の駅スタンプラリー』のスタンプ帳を1冊購入
オマケとして読売新聞発行の全国道の駅マップもいただきました。

コメントを残す

Name
Email
Website

*

CAPTCHA