主要3キャリアすべてがiPhoneを販売

SideTouchによりスクロール時の誤操作などが軽減することが期待されています。

SynapticsはClearForceを搭載したスマートフォン向けタッチスクリーンコントローラー「Synaptics 3700」を同社のClearPadシリーズに追加することも合わせて発表しました。

TSMC製のプロセッサは7時間50分だったのに対して、Samsung製のプロセッサは6時間5分であり、およそ1時間45分の差が生まれるという結果になりました。

9月25日に発売されたiPhone6s・iPhone6sPlusについては、2013年にNTTドコモが取り扱いを開始したことで、主要3キャリアすべてがiPhoneを販売するようになりました。
iPhone6s在庫状況

冬春モデルのラインアップや日常生活に焦点をあてた新サービスを発表しました。

ソフトバンクとウィルコム沖縄は10月8日、2015年冬~2016年春モデルとなる新商品15機種を発表しました。

ClearForceは、さまざまなレベルの圧力を感知する技術のことで、iPhone6sの3D Touchと似ています。

1~7位をiPhone 6/6s勢が占めており、iPhoneに強いソフトバンクの面目躍如といったところですが、先週10位の「iPhone 6 Plus(64Gバイト)」がトップ10外に後退したため、トップ10入りしたiPhoneの数は1つ減って7になりました。

TechCrunchが上記の点についてAppleに尋ねたところ、Appleは独自にテストを行うとともに、デバイスがリリースされてから数週間の間に実機を使ったユーザーからデータを集めたところ、実際のバッテリーライフの差は2~3%と回答しています。

SoftBankから10機種、Y!mobileから5機種を順次発売する予定です。