君島誉幸??総合病院看護師の事情とは

看護師と聞いてすぐに想像がつくイメージは人によってまちまちでしょう。一般的に言うと「大事な職業に就いた」「立派な仕事だ」「かわいい女性」等のイメージがとても強いのかと容易に連想できます。
今回は実際に看護師の手当て額というのはおおよそいくらなんでしょうか?当然、夜勤あり・なしの条件で変わってきますが看護師年収の平均値は「430万円~480万円」ぐらいという噂です。毎月の給料となる約27万円~30万円の12か月分にさらにプラスして年に2回、収入となるボーナスとこのような内訳になります。
まとめて看護師と言っても資格、労働条件、経験などがいろいろですが、必要な資格およびスキルとしてはすなわち、正看護師・准看護師等の国家資格とさらには看護師として職に就いた実務経験とか病院内におけるコミュニケーション能力の有無で変化します。
そして実際に身につくこと・ステップアップの方向としては、実務経験を積みあげ、それと同時に自分のやりたい看護の専門分野がしっかりと見えるでしょう。
自分のなりたいその分野の目指す方向に進むことによりもっと上の専門的なステップアップを目指すこともできます。同じ看護分野でも自分のやりたい専門分野を極めることで、更なる月収増額にほぼ繋がります。
さて、看護師の男女比率はだいたい9対1とほとんど女性が締めています。過去13年間の平均年収の変化を見てみると平成13年(2001年)では約480万円であった年収に対して平成25年(2013年)で約472万円ということから過去と比べ年収はほとんど変わっていないと言えます。
平均時給では1966円の約2000円近い時給において業務を遂行していることから、それだけ看護師という業種は安定しており、もっと言うと、人の命を預かるというなくてはならない仕事なのです。
結局、自分が目指したい専門分野やキャリアアップ実現のためにかしこい職場選びをすることをおススメします。その為には看護師求人サポートサイトなどを活用しないなんてありえません。そのサイトが保有する求人情報が閲覧でき、不安な気持ちも分かった上でサポートしてもらえます。
総合病院看護師求人情報はここ