印鑑好きな私。

当たり前のことですが、まぁ、模型の話ですね(笑)。一日中やっていられたらなぁ、なんて思わないでもないです。でも独身時代、収入の生活費以外はおこづかい、帰宅後の時間はすべて自分のものという今から考えるとバラ色の生活だったはずの時期は、模型趣味も読書も停滞していました(苦笑)。

こういうのを振り返るのも、過去の自分の日記が役に立ちますね(笑)。ちょっと見返すと、「これ、その後どうなったんだっけ?」なんてのもけっこうあります。

できないからこそ、盛り上がる気持ちはあるってことですね。

なんてことを思っていたら、ツイッターで面白いつぶやきを見つけました。

近藤史恵さんという、『サクリファイス』とかを書いている作家さんです。私は『タルト・タタン』のシリーズが好きでした。
印鑑好きな私。