金・プラチナ買取で高価買取のために

ショービジネスだから、個々の人間関係や思いは、虚像に塗り潰されるのが本筋。作詞作曲を手掛けるアーティストと異なり、準備された舞台で演じるパフォーマーだから、舞台裏の柵は隠して、笑顔を表すのが大人。その辺りを理解できないのは、幼い頃から持て囃され、成熟できなかった幼稚な人間観。それでも決断を下すのはそれぞれだから。

俳優として評価される木村拓哉と、MCとして定評の中居正広は、ダメージがあるにしても乗り切れるだろうが、残りのメンバーは率直に未知数と感じる。今まではSMAPとしてオファーが来たが、これからは一人ひとりが試される。まして楽屋を晒しての解散、評価が違ってくるのも織り込み済みだろうが、何処まで計算してるかは疑問だね。

独立するほど強い意思があれば、従来の概念を打ち破る期待も生まれるが、所詮は寄らば大樹の陰の発想、力がなきゃ淘汰されざるを得ない。存続を願って動いたファンの中には、冷水を掛けられ目が醒める層も。何もなかったようには、平坦な道は続かないと、覚悟してなかったとしたら悲惨。今までも多くの芸能人が誤って踏んできた轍なのかも。

アイドルと呼ばれるには薹が立ってるのは事実、これから先を考えたら潮時と判断したのかも。それなら一人ひとりの正念場、何処で自分を磨くべきかを問い直し、必死に挑まないと潰されるだけ。事務所にすれば厄介な存在、売れてればサポートするけど、下支えまではしないだろうから、数年で明暗が分かれるような気もする。どうなるのかな。