ホテル 直前予約 速報

書籍と雑誌を本と呼ぶけど、委託販売が認められ返品できる流通。不合理な処は多々あるが、無名の出版社が書籍を刊行し、小さな書店で売られる文化的役割。雑誌は基本的に定期刊行物だから、販売実績を基礎データとして活かせるが、書籍はすべて異なるから蓋を開けなきゃ結果がわからない。そうは言っても諸々のデータが反映されるのも事実。

書店も取次店も版元も営利企業、それぞれに志はあったにしても、儲けなきゃ事業を継続できない。文化の質は歴史が判断するから、現在進行中の価値は玉石混淆で評価が分かれるのは当たり前。信念か思い込みかも微妙だから、客観的に捉えようとするほど過去の実績を重視せざるを得ない。どれほど優れた内容でも、売れない本に価値は生まれない。

まして取次店は流通が命、それぞれの本がどうであれ、送り続け返品を受け続け、情報集約しても労働力に頼らざるを得ない。一定の扱い量を維持できなきゃ、日々の作業を円滑に進められない。本に求められるのは内容だけど、実際には印刷された紙、送品にも返品にも費用が掛かる。それを解消するのが電子書籍化の流れ、それほど進んでもないが。

一方で商流の寡占化、取次店だけでなく、地域の有力書店も随分と潰れてる。時代の流れが不透明化するほど、読書の必要性は高まってるけど、インターネットも含めて厖大な情報の発信量。取次店や書店でも、あらゆる分野を案内できない。だけどそこを乗り越えないと、出版は玉石混淆のまま衰退、切り開ける道は本の原点に立ち戻ることかも。