印鑑作成をお得にする方法

これまでの経歴も含めて、規制委が国民に信用されるか否か、こうした外部の意見を、本気で真正面から受けとめるかで決まる。大飯原発の地質調査など、稼働中なら危険区域ばかり、関電が指定した地層を調べても説得力はない。原発を推進する側も反対する側も、共通して求めるのは安全の確保、命を最優先する決断。

総選挙の結果はわからないが、維新が原発反対の旗を降ろし、民主は二枚舌の原発政策、自公は原発推進を加速させたいし、生活が主導権を握ることでもなきゃ電力会社は喜ぶだろうね。その前に規制委が反対意見に耳を傾け、公にしたことには意味がある。感情論でない原発対策をどう構築するかを試される。

自民党の政権復帰で一番恐いのは、なし崩しの原発再稼働と新設認可。核燃料サイクルも含めて、使用済み核燃料の問題は、民主党政府も棚上げしてるけど、自民党政権になったら積極的に予算計上。それでなくとも自民党の景気浮揚策は、昔と同じ政財官癒着構造、民主党とは違う切り口で国民に負担を強いる。

福島原発事故は終わってない、当たり前の事実を直視するか否か。規制委は安全を検証できるか否か。夏の電力不足を懸念して、強引に再稼働した大飯原発で、事故が起きたら誰がどう責任を負うか。その原因が地震なら、天変地異では済まされない。危険を指摘されてるところを調べるなど、誰がどう考えても最初の作業。