紳士服が安い!

小沢氏の強制起訴裁判が、高裁でも無罪とされた今、民主党の分岐点は菅内閣を成立させた代表戦とわかる。身内を信じられなかった民主党は、官僚と自民党に擦り寄ることで、どうにか政権与党の体裁を取り繕うとした。海千山千の既得権益者たちには、民主党の観念論者など赤児の手を捻るようなものだった。

結果としてマニフェストの全面撤回、消費増税と官僚機構堅持、能力不足と断じればそれまでだが、日本を後退させた3年間としか思えない。これで選挙で自民党が勝ったら、元の木阿弥の政財官癒着、対米追従も改められず、日本国民はますます奈落の底へ。世襲のお坊ちゃまとお嬢ちゃまが、無邪気に国を売り渡しそう。

誰が立候補するかわからない状況で、誰に投票すべきか迷ってしまう。民主党も自民党も駄目だし、公明党や共産党は偏ってるし、弱小政党が連立しても細川政権を思い出すし。政治家が思慮を欠けば、官僚を阻む力は失われ、格差拡大は加速。不平不満がピークを超えれば、不測の事態を引き起こすのは歴史の法則。

政治家たちの視野が狭まり、私利私欲しか考えられないと、日本は国際的にも地位を危うくする。想像力が欠如した野田総理を支持したのは民主党員だが、民主党に一票を投じたのは紛れもなく私たち国民。その責任を負わされるのは次世代、どのような結果でも、日本の未来は暗澹たる風景のように思えてならない。