リフォームの工事内容とは?

私はスーパーチューズデー前から民主党はクリントン氏、共和党はトランプ氏の独走で決まり、と言っていたがやはりその通りになった。しかし肝心の結末とそこに至る過程は読み通りにはならなかった。
私の読みは、トランプ氏は選挙が進むにつれて徐々にではあるが過激発言を抑えていくというものだった。そして、大統領選では支持率は両者拮抗していながらも最終的にはクリントン氏が圧勝すると読んでいた。それは強い支持をもつ層はそれぞれの支持する候補に投票するものの、強い支持のない層が、彼らが大統領にしてはいけないと思っている候補(つまりトランプ氏)の対立候補になだれ込むと読んでいたから。

しかしそれらは起きなかった。
選挙後に、日本では選挙期間中はほとんど報道されなかったクリントン氏の汚職体質がクリントン氏の敗戦の原因だとか言われたが、正直日本にいては何が原因だったのかはわからない。
敗戦してから敗因がクリントン氏の汚職体質だったと報道するのであれば、選挙期間中から報道していなければいけない。そのような公平に事実を伝えないメディアが選挙後にそんなことを言い出したところでもはや信じることはできない。

何はともあれトランプ氏が選挙に勝ち、トランプ大統領が誕生した。

実をいうとトランプ氏の大統領というのも見てみたかったのである。これは選挙期間中から周りには言っていたこと。ただし3か月だけ。4年間のトランプ大統領は流石に興味はなかった。