大阪のはんこ屋特集

古代エジプトでナマズは神聖視されたりタブー視されたりする「特別な魚」でした。古代中国では「めでたい魚」とされていました。
「地震とナマズ」については、夜行性のナマズが、地震の前兆で水が濁ったりしたために昼間でも目撃されるようになり「地震の前にナマズを見る」が「ナマズが地震を起こしている」に言われることが変わっていったのではないか、という推測が紹介されています。これはつまり「ナマズ」と「地震」が、かつての日本人にとっては身近な存在だった、ということです。

アメリカでは6月25日は「ナマズの日」で、国会が合同決議をし、ロナルド・レーガン大統領が布告をした公式年中行事なんだそうです。そういえば、トム・ソーヤーとハックルベリー・フィンがナマズ釣りに行ったのは『トム・ソーヤーの冒険』でしたっけ? アメリカ人にとってもナマズはとても身近な存在のようです。