実印を安く作成

清涼飲料水を開発するとき、企業は「至福ポイント(糖分・塩分・脂肪分の配合がある値にぴたりと一致して、消費者が「もっと飲みたい」と思うようになるポイント)」を重視します。会社にとって「糖」「塩」「脂肪」は「重大な兵器」で、それは清涼飲料水だけの話ではありません。アメリカでは激しい開発競争と激しいマーケティング戦略と社会(特に子供の食習慣)の変容により、加工食品による「糖・塩・脂肪」の消費量が増大し、その結果肥満が蔓延しました。(以前タバコの時に見られたような)消費者の反発や政府からの規制を恐れた業界の一部の人は、1999年に対策会議を開催します。しかし、「経済」を最重要視するほとんどの企業のトップは、問題を先送りするだけでした。

対策を考えた企業もありました。ところが「三大兵器」を減らすとコストは上がり加工食品の魅力は消え失せて売り上げは減り、すると株主と株式市場はその企業に“罰”を与えました。消費者だけではなくて、企業も「加工食品の罠」に捕えられていたのです。

「糖に対する受容体」は、舌だけではなくて、食道・胃・膵臓にまで分布し、どれも脳の快楽領域につながっています。糖を加えるとドーナッツは膨らみ、パンは日持ちが良くなります。「販売量の増大」だけではなくて「製造コストの削減」からも「糖の使用」は企業にとって望ましいことなのです。