これが名刺印刷の便利さ

今日は久しぶりに名刺交換会付きのセミナーに参加してみた。
場所はラグジュアリーなホテル。
正直、セミナーの内容そのものはそれほどでもなかった。
しかし、セミナー後の名刺交換会がいい。ビュッフェがついていたのだ。

  • 名刺印刷 貴奉堂
  • 名刺印刷 佐藤印房
  • 名刺印刷 すがまた印房
  • 場所が場所だけに、ソフトドリンクは出てくるだろうと思っていた。
    しかし、「ちょっと軽食ですけど」と主催者が言うのに反して、立派な内容だった。
    名刺交換なんてハナから期待していないから、私は黙々と食べる。食べ続ける。

    こんな私に「良かったらお名刺交換を」と言ってくれる人たち。本当にありがたいことだ。

    このセミナーは無料。
    無料で有意義な講義(だと思わなかったけど、世間的にはそうなんだと思う)を聞かせ、無料で豪華なビュッフェを用意。
    いったい何が目的かといえば、主催者は集まってきた人に自社の商品を売り込む機会が欲しいのだろう。

    この会社、CMを派手に売っている。有名な俳優を使い、ストリー仕立てでシリーズ化している。CMを飛ばす習慣の私ですら、このCMは印象に残っている。
    スタッフは経営者を含めて若い。デモンストレーションを見たが、これ、どれくらいの人が購入するかなあというものだった。

    かなり無理をしてお金を使っていると見た。

    結婚相談所を参加して

    ハゲが婚活してました。

    大手結婚相談所のプロフィール写真には、ヅラ被って写ってました。

  • 結婚相談所 佐世保市
  • 結婚相談所 諫早市
  • ハゲは自営業(儲かってる)で、年収は2500万くらいはあります。

    ハゲは40代だけど、嫁き遅れた(失礼)30代女性にはちょうどよかったらしく、会いたいという連絡は何十件もありました。

    このうち、ハゲが会うことにしたのは18名。
    初回の待ち合わせには、カツラは外して行きました。

    ……メールのやりとりではずいぶん積極的だった女性もいたのですが、2回目のデートに応じてくれる女性はいませんでした(´・ω・`)

    理由を聞くと、みな、一様に「ハゲが悪いのではない、嘘をついたのが悪いのだ。隠し事をするような人はちょっと。。。」みたいなことを言います。

    名刺印刷の店舗紹介

    課長が変わってから、職場の雰囲気が異様に良くなった。新しい課長は細かい人ではあるけれど、現場をよく気にかけてくれるし話もよく聞いてくれる。仕事もすげーしやすくなった。だけど不眠症が復活。毎日4時か5時頃起きて自分の時間作ってたんだけど最近、1時2時から目が覚めてる。

  • 名刺印刷 平安堂松戸店
  • 名刺印刷 愛幸堂船橋市役所正門前店
  • 名刺印刷 ハンコ卸売センター金町店
  • いわゆるブラックボックスだらけな現在のパソコン環境
    素人の私には(少し前まではパソコン担当でしたが) もうついていけません 笑)

    以前の当社の顧客管理ソフトは有線でサーバーに繋がっていたのですが 手狭なだけでなく 机の都合もあって 設備を買い換えるついでに 一新したのですが いろんなブラックな箱のせいか 管理ソフトのアフターケアができなくなってしまいました

    インターネットやメールは使えます

    素人の私には 何がどうして使えないのかわからないうちに 新たに構築した無線LANさえサーバーにログインできなくなって パニック

    ハードウェアとソフトウェアを今までごっちゃにして 私が都合で買い足したりしていたのを専門業者さんにお願いしたので 仕事の片手間で対応しなくてもよい代わりに さらにちんぷんかんぷんになりました

    激安の名刺印刷の品質

    メモリーもグラフィックボードもOKとなると、後は高額出費となるCPUとかマザーボードになってしまうので、これが原因であって欲しいところだ。
    取り敢えず、この間の続きで、MacProを掃除した。

    UPUは グリスを買うのを忘れたのでそのままにして横からダイソン。電源部とかをハズしたら、前回のファンよりもひどい良く発火しなかったもんだモードの樹氷状態になっていた。
    総量20kgあるMacProをネジを外したり掃除したりして裏表ひっくり返したりしていたら腕が筋肉痛になってしまい、そして妙に愛着も出てきた。当時最速のMacProも7年経ってしまったので、ベンチシートテストとかをやってみれば今のiMacやMac Miniにビュ~ンと抜かれてしまうこと必須。
    それでも予算の限りグレードアップして、次の東京オリンピックまで保たせてみせようホトトギス、みたいな感覚になった。アホかもしれない。

    新しいグラフィックボードをざっくり探してみたら、50,000円。ヤフオクで中古20,000円ぐらいのがあったので、もうちっと情報を得てスキルを上げれば、より高性能のがそのくらいであるかもしれない。探索中。

    結婚相談所の料金相場

    中年の男だからか、全然使い道を思い浮かばなかったのだが、崎陽軒の弁当が入ることに気付き、それ専用バッグと相成った。シュウマイ弁当はぴったり入るのだが、幕の内弁当や中華弁当は微妙に大きすぎて入らない哀しさはあったが。
    これだけ長く使っていると、こういう崎陽軒しゅうまい弁当専用バッグの携行が習慣化されるのか、同じようなものを欲しくなった。知覚の無印良品へ行ったら、まったく同じ形状でまったく同じサイズの真っ白のが「トートバッグ」と表示されて売っていた。

    もちろん素材や作りはぜんぜん違うのだけど、2,000円というのはちと高いような気がする。と言おうか、無印良品のって予想価格の4割増しぐらいのような気がしてならない。修正テープは愛用しているけど。

    トートバッグの意味を調べてみたら、ショルダーバッグ的ではない手提げ袋のことだ。最近の言葉かな。つまり「手提げ袋」だと1,000円でも良いものが、「トートバッグ」とカタカナの外来語になるといきなり倍の2,000円になっても違和感がなくなるということか。
    もっとも、駅弁みたいな弁当を入れるバッグなんてどうでも良いことなんだけど、ちょこっと習慣化してしまうと妙に気になってしまうことがある。

    はんこ屋が語る実印の重要性

    アメリカ映画で『プライマリー・カラー』(邦題『パーフェクト・カップル』)というのがある。
    ビル・クリントンをモデルに制作された映画で、主役を演じたジョン・トラボルタは、ホワイトハウスに招待され、クリントン大統領に会っている。

    映画は原題の通り、予備選挙が舞台だが、演説のシーンも出てくるのでクリントンの政策もわかる(民主党中道派、DLC、「第三の道」)。

    ニューヨークの図書館でデクレシア(失読症)の人のための識字学級の訪問のシーン(教育が「機会」を拡大する)。

    港町ポーツマスの民主党集会での演説のシーン(「ポスト工業社会」への対応)。
    またクリントンは「グレイト・コミュニュケイター」と呼ばれたが、これは映画の冒頭の握手のシーンで描かれている。

    ヴェーバーの『職業としての政治』には「ザッヘの献身」という言葉が出てくるが、
    この映画は、クリントンにとっての「ザッヘ」(事)が、底辺で働く庶民が報われるアメリカをつくること、そのような「変革」(チェンジ)であることとして描かれている(ハンバーガーショップのシーン)。

    ヴェーバーは政治家の条件として、「責任感」「判断力」と並べて、まず「情熱」をあげている。
    ヴェーバーにおいては、この「情熱」は「ザッヘへの献身」から出てくる、と考えられているようだ。

    ドイツ語で「情熱」は「ライデンシャフト」であるが、この語は、「情熱」だけでなく、「苦悩」も意味する。つまりヴェーバーが言う「情熱」とは、「苦悩」をともなうような「情熱」なのだ。
    ハンバーガー・ショップのシーンではまさに、これが出てくる。

    名刺印刷で大事なこと

    去年はアメリカで北朝鮮空爆。核、ミサイル施設の「サージカル・ストライク」(限定目標への外科手術的航空攻撃)が議論された。大統領選挙に当選するのが、誰であっても、この点は変わらない。新大統領就任後の、重大問題になるはずだった。

    そしてトランプが大統領になり、「狂犬」の異名をもつマティスが国防長官になった。

    トランプは選挙運動中は、場合によっては金正恩と話し合うかのような発言もしていたが、2月始めの安倍首相との首脳会談で、そのようなことがありえないことがわかった。

    去年、オバマ大統領も朴大統領も「北朝鮮の終わりが近い」と言っていた。
    危機は迫っている。アメリカは北朝鮮攻撃をする時には、韓国の事前了解なしにやるのではないかという説もある(日経の鈴置高史氏)。

    むろんどうなる変わらない。「やる」かもしれないし、やらないかも知れない。
    いま緊迫局面に入りつつある。

    まあ、わたしも心配であるのだが、金正恩はもっと心配であるだろ。

    空爆の大混乱状態のなかで、北朝鮮では何が起こるかもわからない。クーデターが発生し、決起した勢力が金正男を次の最高権力者に押し立てるかも知れない。

    今現在、中国軍が国境地帯に兵力を増強しているという。中国は、金正男の要請を大義名分に北朝鮮に武力侵攻するかも知れない。

    必要な実印を

    会社での女性社員間のやり取りって本当に面倒くさい。

    いまの会社に入った12月。
    更衣室のカレンダーに週ごとに名前が振ってあったので、
    先輩社員に聞くと掃除当番だという。
    仕事内容はわたしが聞いたから教えてくれたものの、
    あっちから教えてくれるような感じではなかった。

  • 幸玉堂 平塚市 実印 即日
  • 杉山印房 平塚市 実印 即日
  • 竹本印房 平塚市 実印 即日
  • というのも、わたしと同時に入社した女性(Tさん)は
    自分の番だとついに気づかぬまま、当番の週が過ぎた。
    その週が終わる帰りの更衣室で、

    若手社員「○○さん、結局やりませんでしたねー。
         □□さんが代わりにやってたし。」
    わたし 「え、なんで教えてあげないんですか?」
    若手社員「うちの会社、そういうのないですから。」

    格安即日の実印作成

    本来の仕事が決まらなく、年度末でPMも忙しいようで、することが回ってこない(・・;
    とりあえず、ファイルの整理したけども、そんなのはすぐ終わるわけでー。2ヶ月ぐらいだし。。

    そういや、週末の関ジャニさんのプレゼンター?が出てたけども・・・濃い(笑)
    昨日のベースのも面白かったなー。
    …というか、普通じゃない人が凄すぎる(笑)

  • 秀美堂姉崎店 実印 即日
  • モリタ印房 実印 即日
  • モリタ印刷有限会社 実印 即日
  • 人間関係はまだまだだと感じる。早番をあまりやって
    ないから、どうしても早番のアルバイトさんの事を
    覚えきれないが、早く同じ部で働く人の顔と名前を
    一致させられるようにしたい。職場の人と飲みに行ったのも、
    歓送迎会を含めて2回なので、みんなあまり
    飲みニュケーションに興味がないのかしらとも思う。
    僕が転勤してから、前の職場にカラオケ部ができ、その
    活動に何度も参加しているが、そこでかなり楽しむと、
    今の職場が物足りなく感じてしまいそうなのが心配だ。

    激安即日の名刺印刷

    職務に専念するなどという概念はありません。また、発言に責任も持ちません。言いたいことを言い放題。噂話も大好き。仕事そっちのけで何処かで情報収集。影でのひそひそ話で忙しかったのでしょう。机にまともに向かって仕事をしていない。言いたいだけいって自分は行動しない人でもあります。(人が面倒な事に巻き込まれると喜んだ顔をします。。積極的に助けてあげればいいのに、、)

    こちらは、年末の決済処理がたんまりとあります。粛々と仕事を進めます。来年度の仕事もあります。(自分の分掌が変わってもいいように引き継ぎ資料は作っておきます。)常識です。

    最後まで手を抜かずに仕事をする。社会人の常識です。これが出来ない人は職場の風紀を乱します。普段はさっさと帰宅するのに、こういう日だけ遅く残って自分の身の保身に走る。

    醜い。この方部活の顧問の仕事もまともにしていない。とても甘やかされています。環境が人を作るといいますが、そうでは無いと思います。人の性質は生まれつき変われません。我が儘な人はいつまで経っても我が儘です。環境など関係無い。

  • 名刺印刷 練馬区
  • 名刺印刷 目黒区
  • 水面下で、来年度の職務の駆け引きが始まっています。

    自分がかわいい。自分だけ楽したい。という人が身近にいます。端から見ていも醜い。