大阪のはんこ屋特集

古代エジプトでナマズは神聖視されたりタブー視されたりする「特別な魚」でした。古代中国では「めでたい魚」とされていました。
「地震とナマズ」については、夜行性のナマズが、地震の前兆で水が濁ったりしたために昼間でも目撃されるようになり「地震の前にナマズを見る」が「ナマズが地震を起こしている」に言われることが変わっていったのではないか、という推測が紹介されています。これはつまり「ナマズ」と「地震」が、かつての日本人にとっては身近な存在だった、ということです。

アメリカでは6月25日は「ナマズの日」で、国会が合同決議をし、ロナルド・レーガン大統領が布告をした公式年中行事なんだそうです。そういえば、トム・ソーヤーとハックルベリー・フィンがナマズ釣りに行ったのは『トム・ソーヤーの冒険』でしたっけ? アメリカ人にとってもナマズはとても身近な存在のようです。

チタン製の印鑑

ジャズファンの集まりで知ったジャズ評論家が慶應医学部講師だと知り「慶應医学部に行ったらジャズが聞ける」という勘違いで著者は慶応に進学します。というか、慶應医学部は難しさで東大理3(=医学部)と並び称されていませんでしたっけ? たとえ勘違いでもそれで合格してしまうとはただ者ではありません。そして「本場でジャズを聴きたい」という情熱から、1962年マンハッタンのマウント・サイナイ病院への留学に飛びつきます。著者は人生の節目に「ジャズ」で進路を決めています。

日米の医学の違いは様々ありました。医療制度も医業技術も人の意識も全然違います。面白いのは、当時の日本では注射器はガラス製でしたが(私は覚えています)アメリカはすでにプラスチックの使い捨てだったのですが、その注射器がテルモ製(=日本製)。また、すでに本人に対する癌の告知が行われていました。日本は30年経ってからアメリカのやり方を受け入れているようです。
一日おきに当直(一晩に必ず数回は起こされる)、隔週ごとに週末は当直、というきつい仕事ですが若さで乗り切り、著者はジャズも楽しみます。当直ではない夜にはライブハウスに通います。レジデントの月給は166ドルですが衣食住の基本は無料なので、ライブハウスの平日2ドル週末3ドルの料金も支払うことができました。1年の留学が終わったときには、帰国前にニューポート・ジャズ・フェスティバルへ。1週間の至福の時を著者は堪能します。

銀行印と実印の違い

結婚という条件要項を最低限クリアしたか、満点合格なのか実のところ明かされない・・
「合格しました」「非合格でした」という二択しか残らない・・

周囲にも結構ありますよ、その「背伸び」状態の末悲劇的な別れに至るケース。
大体が結婚そのものを目的化し過ぎたことで、後が続かないという・・

まぁ、女性はこうした男性の姿勢に好感を持ちがちな動物でしょうし、
それ自体確かに幸福に感じるでしょう。無理もないと思います。
しかし逆に言えば、男性の中にはその“弱み”を知ってアプローチする者が少なくない。

そこを女性は見極めることになりましょうが、見極めきれるかどうかはまた別の話。
そこには相応の「愛情」もあるからで、その愛情が逆に冷静な判断をも狂わせる。
あるいは女性特有の潜在的な「結婚願望本能」によって、冷静な判断が出来得なくなる・・

結婚後の長い生活を考える上でも、本来はイーブンの関係性でいかねばならないもの。
どうやってナチュラルな形で対等に二人が成し得るか、それは純粋な恋愛心が根底に無ければ
難しいわけで、その恋愛心は自然な恋愛行為の積み重ねの上、基礎作られていくはず。

「結婚するだけ」なら、多少の無理や背伸びをすれば、実はそんなに難しくはない。
何より難しいのは「継続」すること。継続には現実的な金銭的要件やその他要件は
どうしても出ては来ますが、その先に待ち構えるだろう数多の困難や障壁も、
本来的な男女間の「愛」がないと乗り越えられない。

その基礎土台は、結婚前の純粋な恋愛に全てがある・・
結婚後に初めて作り始めるのでは遅いかもしれない、と。

稲城市で印鑑を激安で買えるはんこ屋

新刊が発売予定であることが判った。だが発売日は2月だ。調べてみたけど、当然そんなのはそのモールでは売ってなかったから諦めたんだけどね。今回のポイントは日本一と言われるネットモールで、しかも直営のブックストアがある。

探してみたらあった。2月発売の本が予約購入出来るというではないか。というわけで、私は嬉々としてポチッとしたのであった。18円は大きいよ。まあ、それだけじゃなくて溜まっていたポイントも使ったけど。

それにしても、なんやかんやでポイントが貯まり、その有効期限が迫るとそのモールで買い、というパターンは凄い。客を露骨に囲い込んでしまっている。買う方にとってはどこで買ってもいいわけで、安い方にするのは当然だ。

あ、ちなみに前に日記に書いた方は消える15分前にポチッとした。別に欲しくはなかったんだけど、デジカメ用のメモリが送料無料で安かったので。オーバーした分もポイントで払ったので、現金は一切動いていない。

凄い時代だ。

実印と印鑑証明

居住環境によってかなり左右されることなので、必要以上に執着する必要はないのでは?と。
北国や雪国とそうでない地域との差もありますしね。

当方北海道ですが、基本的に家の作りは断熱材がしっかり入っていたり
二重窓になっているので、そうじゃない本州の作りと一緒にして温度を考えても
意味はないでしょう。

その居住環境を更に観ても、天井の高さの度合い、一軒家かアパート~マンションか、
玄関が外にむき出しているか否か、木造モルタルか鉄骨・鉄筋か、
マンション系なら1階か上か、左右隣・上下は埋まっているか否か・・
これらによっても左右されますし、窓が陽の入る方角か否か、
弊害となる建物があるか否かにも。

因みに現在居住している環境は鉄骨賃貸MSの1LDK。玄関は屋内式、
東向き(遮蔽物はなし)、天井高し、上下在住・隣在住。暖房は灯油FF式。
MS外観や大きさの割に、外と接している壁面と中の壁の間は多分充分とは言えない
断熱構造だろうと思われますし、天井が一般より高いので、全体的な作りからしても
決して暖かい構造とまでは言えない気がします。

それでもやはり木造とは違い、数日留守にしても極端に冷え切ることはないですし、
日常でも木造より断然暖かいですね。

武蔵野市の印鑑屋

メジャーものよりマイナー指向にウエイトが
置かれている傾向なので(汗)、尚更ヒットしないことが多いってのはあるでしょうが・・

しかし、洋楽を圧倒的に追い求めているボクとしては、
Spotify自体海外が本元であるにもかかわらず、意外にも“穴が多い”印象は拭えませんねぇ。
これが日本発であるならまだ理解も出来るんですけど・・

一方、日本に支部を設置、日本版をリリースしているのもあってか、
邦楽系の楽曲数やフォロー具合は割りと重厚な印象はありますね。

けども、これまたマイナー系統に荷担しがちなボクとしては、
洋楽同様に結構な穴があるなあと感じています。
日本版としてリリースされてる割にこうした穴があるのは、想像するにやはり
「レーベルの権利関係を含む何らかの弊害」、「Spotify側とレーベル間での障害」・・
この辺りが大なり小なり絡んでいる、または海外に比べまだ両者間との関係性が
充分クリアには至っていない・・そんな気がしますね。

まぁ、ごく一般的な音楽ファン、メジャー物中心に楽しむファン、
ライトなファン辺りだと充分な質量だとは思います。
また、視聴環境としてPC以外にもスマホ・タブレット用のアプリもあるようなので
(ボクはPCのみしかインスコしてませんが)、環境や用途によって使い分けることが可能。

上記のように無料版には幾つかの制限もありますが、大半の一般的な視聴であれば
無料版で充分ではないかな・・という気がします。

浦安の印鑑屋

航空運輸に纏わる法基準、それに伴う各種既定や倫理基準等などは、
一般的に捉えられているものとはかけ離れているもの・・って所を先ず認識しないと。

「巡航時はオートパイロットだから問題ない」とか、
「もう一人のPが操縦に専念してるから問題ない」なんていう次元の話じゃないんだな。

『事実上殆ど影響はない』ってことと、『倫理的な既定として問題あり』ってことを
分けて捉えねばならないのであって・・。

かつての時代、機長が運行上相応の条件を満たした上で特段の問題なしと判断した場合、
巡航時に乗客を操縦室に招き入れていた・・ってことがあった。

ところが、国内では確かANA機ハイジャック事件にて機長が刺殺されたことを受けて
以後飛行中は勿論のこと、地上でも如何なる場合に関係なく操縦室には部外者の入室を
一切禁止する旨の既定に変わったはずだし、世界的に厳しい既定として広がったのは
やはり9・11テロの発生を受けてのこと。

安全基準や倫理規定等はハード・ソフト面問わず、長い航空安全の歴史の中で
各種の事例を教訓に、逐次再構築されながら今に至っている・・
ということを理解するなら、「問題でもあるのか?」なんていう稚拙な発想にはならないはずで。

簡単に言っちゃえば、鉄道にせよバスにせよ、旅客運輸というやつは
乗客の命を預かりながら、どこまでも安全に・・が大原則なんであって、
そこに「厳格な使命感と伴う業務内容」がセットになって初めて完遂されるもの。

印鑑が安いお店

保育士に男性が進出するのは、基本的に大歓迎。
保育士不足の解消ということもあるが、今問題になっている保育士の給与
低さについても、男性が進出することによって改善されやすくなる可能性が増える。

いわゆる「女性の職種(ピンクカラー)」の給与が低く抑えられている理由のひとつとして、女は若いうちは「お嫁に行くまでの腰掛け」結婚してからは「養ってくれる夫が居るから、あくまで家計の補助」というライフスタイルが前提とされて、経済的自立が考慮されていなかったから。
今、非正規が社会問題になってるけど、実は昔から女は非正規不安定低賃金が圧倒的に多かったわけよ。

男が「食わせられない」ある意味、女と同じ待遇に堕ちたからこそ、やれ少子化だあ、非婚化だあとなってるわけで。
もうひとつは、「保育」「介護」といった仕事が家事労働でひとくくりされて、『無償の愛』『家族の絆』といった美名の元に、女のただ働きで支えられてきたから。
そういう意味でも、男性保育士が
「こんな給料じゃ、家族養えない」
「結婚退職(転職)がデフォ」
という現象が起きたら、もう少し社会問題化して政府も考えざるを得ない。

そんな中で、男性保育士を否定するような訴えはいかがなものか?という問題定義は解らなくもない。
けど、反面、保護者の訴えも、すごく痛切なものだ。
勿論、男性保育士=ロリコンではない。殆どの保育士さんは、プロとして子どものことを考え、真摯に職務に向き合っている。
ただ、実例として、男性保育士による性的虐待の事件が起きている。

そして子ども、特に保育園に預けられるような幼い子どもは、まだ、自分で抵抗の意思表示をしたり、保護者に被害を筋道たって訴えるだけの能力が育っていない、絶対的弱者なのだ。
わずかな可能性としても、わが子を危険にさらすリスクを避けたいのは、当然の親心でしょう。

ゴム印がほしいけど

久しぶりに馴染みの人と会ったよ

5年振りか

  • ゴム印 石川印舗 田原市
  • ゴム印 尚文堂 四日市市
  • ゴム印 スタンピアあさけ 四日市市
  • イロイロ聞いたら、俺が昔世話んなったじーさんが、くたばったってよ

    過去に一旗も二旗も上げた、ボチボチスゲー人だったけど。

    もう一旗上げよーって思ったらしくてよ 昨日の久しぶりのパトロールが疲れたのか、気持ちよさそうに熟睡してますねえ~うれしい顔

    こういうときのハル君は本当に仕事が休みの日のおじさん!っていう感じがしますよねウインク

    今日はゆっくり休んでくださいね(^_-)

    わたしは今日も元気いっぱい仕事exclamation ×2

    景気付けに飲みまくったんだってよ

    翌日、飲み過ぎでくたばったってさ

    イロイロ詳細も聞いたけど、楽しそうな人生だったなぁ~~って思ったわ。

    2年前にくたばったらしい

    若い時に、イロイロ教わったもんだ

    ちょっと、思い出して。言われた事をもう一度守るか。

    仕事はプロに徹しよう。

    リフォームすると得すること

    佐藤弘和さんとのお付き合いは10年位前からだったでしょうか。
    勿論、共通の友人、知人は多いですから、それ以前にも幾度かはお目にかかっておりますが、ご挨拶程度でしたので、業界の仲間というお付き合いでした。

    20年ほど前でしょうか、私はある劇団の音楽監督の仕事を幾度か受けておりまして、そうしたイベントや、その関係からの「詩の朗読」に音楽を付ける仕事などを受けたりしておりました。
    詩の朗読に生演奏に音楽を付けるという事は、意外に技術と熟練が必要なのです。
    というのは、そうしたBGMでは「頭を揃える」のは容易いのですが、「終わりを揃える」のは非常に難しい。
    歌の伴奏であれば、詩と音楽は合わせて作られますから、頭も終わりも合うのですが、詩の朗読はその時の朗読者の気分で速度や間が変わりますので、終わりを揃えるのは難しいのです。
    朗読の進み具合を「グラフのように」見ながら、音楽の進行具合と合わせていきます。
    理想は、朗読が終わり、少しだけ音楽が後から終了するというタイミングです。

    その速度を自分の弾いている譜面と照らし合わせながら進むのですが、速度の変更や多少の間で合わせられる範囲なのか、あるフレーズの繰り返しを差し込む必要があるのか、あるいは一部端折る必要があるのか、本番での瞬時の判断が必要な高度な技術と慣れが必要なのです。